« in writing | トップページ | Election (選挙) »

2008年9月10日 (水)

Equal Opportunities (機会均等法)

GOPのVP候補、セラ・ペイリンさんのVP(vice president)指名で、あわてている、どう対処したらいいのかわからなくなって、失言も飛び出している、オバマ大統領候補。

なぜ、そこまで、動じているかというと、先日の、ペイリンさんのスピーチがあまりにも素晴らしく、経歴も、それなりに「結果を出している」ということが、アメリカ国民に、そのたった46分のスピーチにより、理解されてしまったせいでしょう。

「Equal Opportunity」は、マイノリティー(minority)(日本語では、少数民族と訳されていますが、そのニュアンスはちょっと違うかもしれません)、つまり、黒人だから、女性だから、有利にするという法律ではありません。

たとえば、黒人だから、女性だからという理由で、「能力があるのに、経験があるのに」、採用されなかったり、昇格をさせてもらえない、ということが多かった、つまり、「白人男性」でなければその地位にはつけない、ということがあったためなのです。

そこのところ、わかってもらえるかな?

T-chan  virgo

« in writing | トップページ | Election (選挙) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« in writing | トップページ | Election (選挙) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ