« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »

2008年10月12日 - 2008年10月18日

2008年10月16日 (木)

Footprints in the Sand IV (砂の上の足跡)   完結編

彼の人生の一番つらいときに、一組の足跡しか、砂の上にはありませんでした。どうしてでしょう? virgo

This really bothered him and he questioned the LORD about it.

このことは彼を本当に悩ませました、そして彼は神さまにそのことについて質問しました。

LORD you said that once I decided to follow you, you'd walk with me all the way.

神さま、私があなたに従うと一度、決心したなら、あなたは私といつもいっしょにずーっと歩いてくださるとおっしゃいました。

But I have noticed that during the most troublesome times in my life there is only one set of footprints.

それなのに、私が人生の中で一番、大変だったときに、たった一組の足跡しかないことに私は気づきました。

I don't understand why when I needed you most you would leave me.

私があなたを一番、必要としていたときに、なぜ、あなたが私から離れていったのか、私には理解できません。

The LORD replied, my precious, precious child, I Love you and I would never leave you!

「私のかわいい愛しい子供よ、私はあなたを愛しているし、私は決してあなたを離しませんよ。」と神さまはおっしゃいました。

During your times of trial and suffering when you see only one set of footprints, it was then that I carried you.

一組の足跡しか見えないとき、あなたが試練に遭い苦しんでいる時期、そのとき、私はあなたの下になってあなたを支えてあなたの人生をいっしょに歩いていたのです。

ああ、そうでしたか。それで、足跡は一組しかなかったのですね。「I love you and I never would leave you.」(私はあなたを愛しています、そして、決してあなたを放したりしません。(いつもそばにいますよ。))

これはパワフルな言葉ですよね。私も誰かに愛されていると感じることが出来るとき、ホッとします。神さまは、私たち、一人一人を気にかけてくださってるのですよね。このコラムを読んでくださっている人たちも、神さまがこのブログに導いてくださった方たちだと思って、私、とってもうれし~~~~!です。

「I love you!!!」あるいは、「Love」 これらの言葉を、これからは結びに使いましょうね。

T-chan virgo

2008年10月15日 (水)

Footprints in the Sand そのIII

では、続けましょうね!virgo

When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand.

彼の人生のラストシーンがフラッシュした時、彼は砂の上の足跡を過去にさかのぼって見てみました。

He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints.

彼が気がついたのは彼の人生の中で足跡が一組しかないものが何回もあったということでした。

He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times of His life.

それプラス、彼が気がついたことは、彼の人生の中で、一番苦しく、一番悲しい時期にそれが起こっていた事でした。

    あらあら、どうしたんでしょう?神さまは、彼が苦しい人生を送っているときに限り、彼を独りぼっちにしちゃったの?

<<<続く>>>

T-chan virgo

2008年10月14日 (火)

Footprints in the Sand そのII

では、お話を始めましょうね。

One night a man had a dream.

ある夜のこと、ある男の人が夢を見ました。

He dreamed he was walking along the beach with the LORD.

彼は、砂浜を神さま(Lord)と横に並んで、一緒に歩いていました

Across the sky flashed scenes from his life.

から彼の人生の色々なシーンが(閃光を放つような感じでパッパッとフラッシュして)見えました

For each scene he noticed two sets of footprints in the sand.

それぞれのシーンには、砂の上に、二組(二人分)の足跡がありました。

One belonging to him and the other to the LORD.

その一組は彼のもの、もう一組は神さまのものでした。

<<<続く>>>

T-chan  virgo

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ