カテゴリー「一般」の記事

2013年2月15日 (金)

mortgage (モーゲッジ) 住宅ローン

良く聞く言葉です。「モーゲッジ」と読み、「t」は聞こえません、いわゆる「silent letter (サイレント・レター)」で、「t」は発音されないのです。

「mortgage」に関連して、「interest(インタレスト)」この場合は、「興味」という意味ではなく「利子」の意味です。

30年住宅ローンなら、「30-year mortgage loan」となります。ここ数年、「interest rate (インタレスト・レート、利(子)率)」が低いので、「refinance(リファイナンス)」つまり、ローンを低い利率に替えなさい、という宣伝が後をたちません。

T-chan  virgo

2013年2月11日 (月)

telephone 電話

電話。ほとんどの人が持っている携帯電話。でも、電話にも色々な種類と呼び名がありますね。最近ではほとんど見かけなくなった公衆電話など、ここではちょっと電話の英語を。話し方は次回ね。

公衆電話 public phone (パブリック・フォーン)  そのかける場所は telephone box (テレフォン・ボックス)

机上電話  desk phone

phone でも telephone  でも 通じます。

携帯電話  cell phone  (セル・フォーン)

ミュージシャンでサックスを吹いている人が自分のサックスを指して「my phone」と言っていました。サックスは、saxphone サックスフォーンですものね。

T-chan  virgo

2013年1月 4日 (金)

A Happy New Year 明けましておめでとうございます

とはいっても、今日は既に1月4日(金)。 日本は既に1月5日(土)ですね。年が明けてからもう、4日とか5日経ってしまったということになりますね。

このブログのタイトルである、「T-chanの英語教室」は、コンピューター関連雑誌の出版会社、工学社の今では、日本で一番歴史が長くなったコンピューター月刊誌「I/O」に掲載されているコラムと同じ名前にしました。

「I/O」では、毎月、このブログのアドレスを掲載してくれているのに、私が書き込むのが「たまーに」というスタンスでごめんなさい。

2013年は、もう少し、頑張りましょう、と思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

T-chan  virgo

2012年10月10日 (水)

take 目的語 for granted 当然のことと思う

先日、パスワードがマッチしなくて、それまですいすい入れていたこのブログにログオンするのに大変だったことをお話ししました。

こういう時の表現、「take 目的語 for granted (当たり前のことと思う)」があります。

ですから、私の場合は、「I took log-on to the blog for granted.」と表現できるかもしれません。

このように毎日、元気で生きていることなど、「We take it for granted.」など、数え上げればきりがありません。

それだけ、「当たり前のこと」のように思えることは、本当は感謝しなくてはならないことがたくさんあります。

T-chan  virgo

2012年10月 3日 (水)

What a relief!!!! (ああ、よかった!)

先日、このブログにログオンできなくなりました。普段、このブログを書くのには使っていないコンピューターからログオンしようとして、自分の「ID」を間違っていただけだったのですが、自分が正しい「ID」を使っている、と思い、色々トライしてもダメ、入れないばかりか、だんだん質問が複雑になっていき、だんだん面倒な手続きをしなくてはならなくなっていきました。

このブログも5年ほどやっています。いつも、ログオンが簡単にできるので、それに甘えていて、「いつでも出来る」という油断があったようです。

通常使うコンピューターにはIDが登録されていて、あ、これだったんだ、と思いました。そのときのフィーリング、英語で、

What a relief!!!! です。ピッチャー交代の時の「リリーフ」と同じ単語です。

T-chan  virgo

2012年3月 9日 (金)

Daylight Saving Time (サマータイム)

Daylight Saving Time  (ディーライト・セービングタイム)は、今年は、3月11日(日)の午前2時にスタートします。

「Spring forward; fall back (スプリング・フォワード、フォール・バック)」と覚える人が多いです。

今回は「spring (春)」なので、時計の長い針を一時間進めます。どういう現象がおこるかというと、午前2時に一時間、進めるわけですから、午前2時は、一挙に午前3時になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E6%99%82%E9%96%93  

T-chan  virgo

2012年1月23日 (月)

grass glass   草  ガラス

草もガラスも英語を日本語のカタカナで書くと、「グラス」です。

でも、英語では「R」と「L」で、スペルが区別されますので、全く異なった意味になります。それで、正しく発音しないといけません。つまり、ここでは、「R」と「L」の区別をしっかりした発音をしなくては意味が通じないわけです。

ところで、「glass」はガラスなどの意味になりますが、「メガネ」は「glasses(グラシズ)」と複数形になります。「eyeglass (アイグラス) 」でも意味は通じます。

「サングラス」は「」「sunglass」を主に使いますが、感覚的にはやはり「glasses」であり、「sun glasses」でも間違いではありません。

T-chan  virgo

2012年1月13日 (金)

Chopsticks チャップスティックス  箸

「Chopsticks, please.  (お箸をください)」

これは、「Chinese Restaurant  (中華料理店)」などで、ナイフとフォークしか出されていないときに使うフレーズです。

これと、混乱しやすい単語は 「Chap Stick(チャップ・スティック)」で、「あ」(o と a)の英語の発音が違うのですが、その違い、良くわからないで使っています。

「cho」の「o」は、口を盾に開き気味の「あ」、また、「cha」の「a」は、口を丸く開けての「あ」とでもいえば良いでしょうか?

ところで、「Chap Stick」は、唇の荒れ止め、いわゆる、リップクリームです。「lip cream」で、この「り」は「L エル」ですね。

T-chan  virgo

2012年1月10日 (火)

plumbing (プラミング 配管作業)

「plumbing」は「プラミング」と読みます。「plumber」で「プラマー」と読み、配管工や水道屋さんの意味になります。

年末に10日ほど休みがあり、水道関係の日曜大工?をしました。

水洗トイレの水タンクに、水を吸い上げる音が時々聞こえてきたのがそのきっかけ。故障していると思い、友達に相談したら、何とか自分でできそうなので、やってみました。

それでできて自信がつき、長年「夢」だった、バスルームの水道の蛇口「faucet フォーセット」をハンドルが一つのものに替えてみることに挑戦。一つ目ができたので、あと残りの2つも交換。成功。

最後に、「Washlet ウォッシュレット」の「toilet seat 便座」を付けることにし、こちらも成功。

力仕事でなければ、線(ホースなど)につなぐ、ねじを回す、だけ、なんだ、ということを、改めて認識しました。重いものでなければ、「plumbing」の仕事は出来るものですね。でも、取り外しは大変でした。

T-chan  virgo

2012年1月 9日 (月)

Happy New Year!!!

あけましておめでとうございます、と言ってからすでに10日が過ぎるところです。

About 10 days has passed after saying "Happy New Year".  というところでしょうか。  

日本語が母国語の場合、日本語を使って思考します。それで、英語をマスターしたいときは、英語で物を考えるようにすることを私はお勧めしています。

例えば、「犬」を見たときは「犬」と日本語で考えてしまうのと同時に英語で「dog(ドッグ)」出来れば、英語圏の人たちの発音で「だぅっぐ」と心の中ででも発音するとプラスになります。

わからないときは、誰かに聞いたり、インターネットで調べてみるのも一つの方法です。

T-chan  virgo

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ