カテゴリー「LOVE」の記事

2010年2月 9日 (火)

バレンタイン・デー  Valentine's Day

「バレンタインズ・ディー」

女性から男性への告白、それは、日本が作り出したものでしょうね。

米国では、「男性から女性へ」の愛の告白、愛の再告白の日です。

奥さまに花を、ガールフレンドに花を贈ります。ロマンチックな夕食に連れて行ってあげるのも伝統。

「12本の赤いバラの花」は本気の「I love you.」の表現です。

バラの花は高騰します。ネットで安く買えます、と下記リンクでは宣伝しています。

http://www.proflowers.com/landing4.aspx?pageid=highaov&ref=fgvprtlsyahoo_hp20910_dodtangdate

T-chan  virgo

2009年3月16日 (月)

I will make a time for you. あなたのためなら時間を作るわ。(君のためなら時間を作るよ。)

「I'm busy now.」(忙しい。)

「I'm busy, can you see me later?」(今、忙しいから、後にして。)

こう言われると、否定されたような気がしてしまいます。もちろん、都合のいい時間、悪い時間がありますが、上記の言葉は、「声の調子」も含めて、言い方に気をつけないと、相手に気を悪くさせてしまう可能性があります。もちろん、その相手は、こちらの都合も考えずにたまたま、そのときに話したかった、などの場面は考えられますが、「I'm sorry but can I see you later? I'm caught for...(ごめんね、後でいい?今、捕まってるんだ。)」くらいなら、もっとやわらかいかしら?

それで、デートなどのときは、「I'm sorry, I cannot see you tonight, but I will make a time for you.  (I'll make up for you.)」などと、フォローの言葉を言えば、相手も、あなたのことを優しい人、自分のことを思ってくれているのだと感じてくれるでしょう。

T-chan virgo

2009年2月25日 (水)

Oscar オスカー (アカデミー賞) 2009

「Academy(アカデミー(賞))」は米国では「Oscar」と呼ばれることが一般的。どちらでもいいのです。
ただ、「Academy Awards」の「アワード」は「あウォーど」と発音してください。
「A-War-d」つまり、「war」は戦争のウォーですから、アウォードと発音しないと通じないのです。
The Reader」、「Slumdog Millionaire」、ベストアニメーションだった、「Wall-E」も、ラブストーリーでしたが、日本代表のショートアニメ、「つみきのいえ」も回想のところが「LOVE」を表現していましたね。
T-chan  virgo

2009年2月19日 (木)

Good New Days!!!

「旧き良き時代」というという言葉は、英語では「Good Old Days」といいます。

でも、旧い(古い)時代をいくら振り返っても考えても、もう過ぎ去ったこと。

それで、やはり未来に向かっていかなくてはならない、ということで、「Joel Osteen」が紹介していた言葉です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Joel_Osteen

米国には、いろいろな牧師さんがいます。キリスト教国であっても、その宗派はさまざま。ベースになっているのは聖書ですが、その解釈もさまざま。

でも、希望のある言葉を言う人は、牧師さんに限らず、たくさんいます。そんな人たちが多い国だし、そんな人たちは好かれます。

暗くて(あまり見たことはありませんが)、文句ばっかり言っている人たちは、人が離れていってしまいます。

明るい前向きな考え方やものの見方。幸せな人生を送るのには大切なことですよね。

T-chan virgo

2008年10月16日 (木)

Footprints in the Sand IV (砂の上の足跡)   完結編

彼の人生の一番つらいときに、一組の足跡しか、砂の上にはありませんでした。どうしてでしょう? virgo

This really bothered him and he questioned the LORD about it.

このことは彼を本当に悩ませました、そして彼は神さまにそのことについて質問しました。

LORD you said that once I decided to follow you, you'd walk with me all the way.

神さま、私があなたに従うと一度、決心したなら、あなたは私といつもいっしょにずーっと歩いてくださるとおっしゃいました。

But I have noticed that during the most troublesome times in my life there is only one set of footprints.

それなのに、私が人生の中で一番、大変だったときに、たった一組の足跡しかないことに私は気づきました。

I don't understand why when I needed you most you would leave me.

私があなたを一番、必要としていたときに、なぜ、あなたが私から離れていったのか、私には理解できません。

The LORD replied, my precious, precious child, I Love you and I would never leave you!

「私のかわいい愛しい子供よ、私はあなたを愛しているし、私は決してあなたを離しませんよ。」と神さまはおっしゃいました。

During your times of trial and suffering when you see only one set of footprints, it was then that I carried you.

一組の足跡しか見えないとき、あなたが試練に遭い苦しんでいる時期、そのとき、私はあなたの下になってあなたを支えてあなたの人生をいっしょに歩いていたのです。

ああ、そうでしたか。それで、足跡は一組しかなかったのですね。「I love you and I never would leave you.」(私はあなたを愛しています、そして、決してあなたを放したりしません。(いつもそばにいますよ。))

これはパワフルな言葉ですよね。私も誰かに愛されていると感じることが出来るとき、ホッとします。神さまは、私たち、一人一人を気にかけてくださってるのですよね。このコラムを読んでくださっている人たちも、神さまがこのブログに導いてくださった方たちだと思って、私、とってもうれし~~~~!です。

「I love you!!!」あるいは、「Love」 これらの言葉を、これからは結びに使いましょうね。

T-chan virgo

2008年10月15日 (水)

Footprints in the Sand そのIII

では、続けましょうね!virgo

When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand.

彼の人生のラストシーンがフラッシュした時、彼は砂の上の足跡を過去にさかのぼって見てみました。

He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints.

彼が気がついたのは彼の人生の中で足跡が一組しかないものが何回もあったということでした。

He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times of His life.

それプラス、彼が気がついたことは、彼の人生の中で、一番苦しく、一番悲しい時期にそれが起こっていた事でした。

    あらあら、どうしたんでしょう?神さまは、彼が苦しい人生を送っているときに限り、彼を独りぼっちにしちゃったの?

<<<続く>>>

T-chan virgo

2008年10月14日 (火)

Footprints in the Sand そのII

では、お話を始めましょうね。

One night a man had a dream.

ある夜のこと、ある男の人が夢を見ました。

He dreamed he was walking along the beach with the LORD.

彼は、砂浜を神さま(Lord)と横に並んで、一緒に歩いていました

Across the sky flashed scenes from his life.

から彼の人生の色々なシーンが(閃光を放つような感じでパッパッとフラッシュして)見えました

For each scene he noticed two sets of footprints in the sand.

それぞれのシーンには、砂の上に、二組(二人分)の足跡がありました。

One belonging to him and the other to the LORD.

その一組は彼のもの、もう一組は神さまのものでした。

<<<続く>>>

T-chan  virgo

2008年10月10日 (金)

Footprints in the Sand (砂の上の足跡)  その1

「in」とありましたので、「砂の中」にしてもいいのですが、日本語を考えたとき、砂の上のほうが良いかなあ、と思い、「砂の上」という日本語にしました。英語の試験じゃないものね、いいよね?

米人が好んで、去年あたりから、色々なものに印刷されたりしています。短い文章です。

作者不詳。  「Author Unknown (オーサー・アンノウン)」と書かれてあります。

「ある夜、一人の男が夢を見た。砂の上に、その男性の足跡と、神さまの足跡、二人分があった。空から、その男の人生のシーンがところどころ見えた。そのシーンのそれぞれに、一緒にに歩いてくれた神さまの足跡があった。ところが、人生で一番、つらいとき、足跡は、一人分しかなかった。」

さてさて、どうしてでしょうね?一緒に、いつでも歩いてくださるとおっしゃった神さま。

それを、英語の原文を読みながら、探っていきましょうね。

T-chan virgo

2008年9月24日 (水)

I love you.

「love」

皆さん、この言葉は良くご存知ですね?

では、使ったことはありますか?

「日本では日本語を話してるんだよ、T-chan。日本語で「愛しているよ」なんて、映画の中の世界さ。」と言う方もいらっしゃるかもしれません。

「I love you.」  これは、カップルだけではなくて、家族でも、私の周りでは、親しい友だちのあいだ(同性でも)使うんです。

「love」って、人間が生きていくためには本当に大事なことだと思います。「love」を感じるのは、いわゆる、元気をもらうことになると思います。

たくさんの人に囲まれていても「loneliness (ロンリネス、孤独)」を感じることもあるのです。

「I love you.」  言葉で態度で表現することは、大事なことだと思っています。

T-chan virgo

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ